What's New

陶 翫粋(がんすい)

GANSUI... Gallery of contemporary ceramic art


翫 粋 開 廊 記 念 展(6)

伊賀 谷本 貴 十盌十盃 plus one


2015.10.23(金) - 2015.11.1(日)

12:00 -19:00


作家在廊日: 10月23日(金)、24日(土)、25日(日)、
31日(土) および 11月1日(日) 予定

 谷本貴の作品は、捻じれ、千切れ、うねっている。しかしどこか

静かなのだ。焦げた土味は潔く縮れた自然釉は深い色合いを湛える。

作家は暴れる伊賀の土を、なだめ、放ち、押さえつけて形にすると、

凄まじい炎で 焼き上げる。伊賀では幾度か焼成を重ねるが、灰を被り

焦げた器はその度に景色を変え、新たな表情を見せる。芸術家の家に

生まれ、伊賀の土に馴染んできた谷本貴だからこそできる造形だ。

土の塊に申し訳ばかりのヘラを入れ作った高台は力強い伊賀の茶碗を

受けとめるのに相応しく存在感がある。

是非、手にとってこの味わいのある重さを楽しんでいただきたい。

 

城下町伊賀で芸術家の家系に生まれた谷本貴さんは光生氏を祖父に持ち、格調高い伊賀の陶芸を間近に見て育ちました。現代感覚溢れるユニークな作品を作られる森正さんに師事し、イタリアへの留学を経て伝統的な技法を駆使し現代的なアート作品も多く制作されています。土に馴染み、幾度となく薪窯の焼成を重ねる中で、土の本質を見極め作られた作品は、大胆な造形でありながら、抑えた光沢と色調に品格が漂います。

 


激しい炎で焼かれた土は堅く焼き締まり、じわりと溶けた灰は自然釉となり流れる。

 

谷本 貴(たにもと たかし)   その他詳細はこちら

1978年: 三重県伊賀市に谷本景の長男として生まれる
1997年: 同志社大学文学部及び芸術学専攻入学
2002年: 京都府立陶工高等技術専門校入学
2003年: 森 正氏に師事
2004年: イタリア留学
2005年: 帰国後伊賀市にて作陶

作品紹介

 

   

plus one

TEA BOWL WITH A HAND-MADE PAUCH

 

過去の企画展 開催予定 企画展

 

陶 翫粋(がんすい)
12:00 - 19:00
定休日:火・水・木
602-0074
京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653
エクセル堀川1F

お問合わせ

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko Kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)

Copyright 2015 GANSUI GALLERY.All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている画像、文章等を許可無く使用することを禁じます。