What's New

陶 翫粋(がんすい)

GANSUI... Gallery of contemporary ceramic art

 

簫瑟 (しょうしつ:8月)企画

山茶碗

渥美 稲吉オサム

猿投 深谷 和紀

十盌十盌 plus 100

2019.07.26(金) - 2019.08.04(日)


  

初めて稲吉オサムさんの陶房を訪ねた時に、工房の前に堆(うずたか)く積まれた陶片が目についた。それは渥美の古陶を研究する彼のコレクションで山から拾ってきた山茶碗だった。無釉で素朴な陶片はどれもさりげなくシンプルで、稲吉さんが個展で発表している作品とは随分雰囲気が違う。山茶碗を熱く語る稲吉さんに是非とも作品展をしていただきたいと依頼したところ、友人で猿投古陶の復元修理をしている深谷和紀さんをご紹介いただき、ご両人による山茶碗展を企画することにした。古陶を模すのではなく、古人の目指した理想に思いを巡らせ、それぞれの山茶碗を作っていただいた。ぜひご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。


窯の中で接合してしまった山茶碗

      



山茶碗

 古墳時代に朝鮮から伝わった窖窯は、まず大阪府の陶邑窯跡群と呼ばれる地区で始まり、海沿いに東へ渡り、猿投山南西麓古窯地区に伝わったそうです。

 平安時代に入り東濃地方は灰釉陶器の大規模窯業地となりますが、山茶碗は、平安後期(11世紀後半)から戦国時代初め頃(15世紀後半)まで約400年間に渡って生産された無釉の素朴な焼き物で、地元だけで消費されていた様子で、灰釉陶器に比べて多少安価な普及品というポジションになっていたと思われます。

 


稲吉オサム
1976 愛知県豊橋市に生まれる
2002 愛知県立窯業高等技術専門校修了
2007 豊橋にて独立
2011 柿平に窖窯を築く
2014 Oregon Workshop Tour for Winter 2014 
2015 第44回 長三賞常滑陶業展 長三賞
2018 翫粋にて個展 ”渥美”
2019 Cavin Morris Gallery にて個展

国内外で個展、ワークショップなどを行う

深谷和紀
1978 愛知県みよし市に生まれる
2001 愛知県立窯業高等技術専門校修了
2003 寺田康雄氏に師事(~2006)
2008 猿投古窯復元'(三好町町制50周年記念事業)指導
   三好町遺跡調査会において発掘および古陶磁復元
2016 岐阜県土岐市に半地下式穴窯築窯
2018 forest⇄factory(豊田市美術館ギャラリー)
   春季企画別展 猿投古窯x陶芸-古代焼き物作りの復元と継承
   三人の視点(みよし市立歴史民俗資料館)
 


 

 

 

 

 

作品紹介

 

茶盌 

 

 

Plus One 


 

 

 

陶 翫粋(がんすい)  開廊 12:00 - 19:00
定休日:(月)・火・水・木 (会期中無休)
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

お問合わせ

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)