更新履歴
What's new

取扱作家
ARTISTS

展覧会
EXHIBITION

自己紹介
ABOUT US

作品紹介
Inventory

アクセス
ACCESS

コンタクト
HELP/FAQ



鯉江良二
(b.1938-)

RYOJI
KOIE

 

音羽手
焼締茶盌

やや浅めの盌であるが、見込みは広く伸びやかで、端正な印象のある落ち着いた盌。やや紫を帯びた灰と火色のコントラストも美しい。足元に丸い抜けがあるが、鯉江先生の指示で大きめのメをやや斜めになるようにつけて、足元が火前になるように焼成し、盌の内側には降灰させず見込みを美しく焼き上げた。1990年、愛知県設楽町の工房で制作され、2016年伊賀、音羽の窯で焼かれた焼締茶盌。φ15xh7.2cm
OTOWA-dé
tea bowl

The front side is covered with purplish ash. On this firing each bowl has three uncolored circles beside a stand. Mr. Koie suggested Tomohisa Obana to use large removable stands for firing. And he also indicated to put the bowl's stand to the fire side to keep the inside uncovered with ashes.
Mr. Koie made it and left it unburned in 1990. In 2016 it was burnt at Otowa area in IGA.Wood-firing kiln. Natural ash glaze. dia.15xh7.2cm


音羽手焼締茶盌(ker1705B) 木箱後日 φ15xh7.2cm JPY180,000(yen)
作品紹介
   
大鉢, 皿 Plate
 

 

陶 翫粋(がんすい)  開廊 12:00 - 19:00
定休日:火・水・木 (会期中無休)
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

E mail address

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko Kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)