更新履歴
What's new

取扱作家
ARTISTS

展覧会
EXHIBITION

自己紹介
ABOUT US

作品紹介
Inventory

アクセス
ACCESS

コンタクト
HELP/FAQ



鯉江良二
(b.1938-)

RYOJI
KOIE

 

音羽手
焼締茶盌

伊賀との相違を考慮し、たっぷりかかった松の灰が(溶けて)流れない温度で焼成。正面右寄りの高台がえぐれてやや低くなっているが、持った時に丁度手のひらがあたり手取りの良さとなっている。低めの高台とやや締めた口元が全体を優しい姿にしている。1990年、愛知県設楽町の工房で制作され、2016年伊賀、音羽の窯で焼かれた焼締茶盌。φ14.5xh8.6cm
OTOWA-dé
tea bowl

Regarding the difference between IGA and SHIGARAKI, Ryoji Koie suggested Tomohisa Obana to keep the ash unmelted. Koie would not want the ash to flow. Its short stand has a lacking part in the right side of its front. When you put the bowl on your palm to drink, the lacking part fits to your left palm. Mr. Koie made it and left it unburned in 1990. In 2016 it was burnt at Otowa area in IGA.Wood-firing kiln. Natural ash glaze. dia.14.5xh8.6cm


音羽手焼締茶盌(ker1705D) 木箱後日 φ14.5xh8.6cm JPY180,000(yen)
作品紹介
   
大鉢, 皿 Plate
 

 

陶 翫粋(がんすい)  開廊 12:00 - 19:00
定休日:火・水・木 (会期中無休)
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

E mail address

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko Kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)