What's New


作 家

artist

竹花 正弘(b.1974-)

TAKENAKA, MASAHIRO

水簸された細かな土は柔らかな曲線を描きながら繊細な造形となり、滑らかで透明感のある釉が味わい深い美しさを加味しています。

今回ここでご紹介する斑唐津の他にも、朝鮮唐津、白磁など多様な作品を、自らの観点で咀嚼し創作しておられます。これからが楽しみな、唐津のニューウェーブを創る若手作家の一人です。

Ryoji Koie tea bowl

 

竹花 正弘 (たけはな まさひろ)

1974 東京に生まれる
熊本大学卒業後、唐津のあや窯に弟子入りし、2003年に独立。

古唐津に倣い柔らかな質感をもった器を求め、炎の反射が柔らかい粘土での築窯、原土の水簸(すいひ)、草木の灰のみによる釉薬など、こだわりをもって制作。


 

作品紹介

 

茶 盌


無地刷毛目茶盌

 
     

 

徳利

     

陶 翫粋(がんすい)  開廊 12:00 - 19:00
定休日:火・水・木 (会期中無休)
602-0074 京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

E mail address

Facebook: gansui
Facebook: Shizuko Kohara
Facebook: 玄武と朱雀
Facebook: 陶 翫粋(がんすい)

ご購入にあたって / 特定商取引法に基づく表示 / プライバシーポリシー 
Copyright 2015 GANSUI GALLERY.All Rights Reserved.
このサイトに掲載されている画像、文章等を許可無く使用することを禁じます。